公式ロシア語能力試験

次のトレーニング・セッション:2016年9月12日~16日
テスト:2016年9月17日
お問い合わせ : russian@cref.ru

2015年よりCREFはロシア語能力試験( TORFL – ТРКИ)実施センターの一つとなりました。以下のロシア語能力試験受験準備のための講座を開講します。

  • ロシア国内での就労ビザ取得を欲する移民の為のロシア語能力試験:就労ビザ、就労許可の取得を望む外国人にはこのテストに合格する事は必須です。
  • 一時的居住許可・永住許可を得るためのロシア語能力試験:ロシアに長期滞在をしたいという方に受験が義務付けられています。
  • 外国語としてのロシア語能力試験入門級ТРКИ 1・基礎級ТРКИ 2:ロシア教育科学省が所管するロシア語能力試験で、国際的に承認されています。

就労許可や永住許可のテストはどういう内容?

ロシア語テストは以下を含みます:

ロシア語に関する受験者の能力を図る一連の試験:

  • ロシア語文法・語彙に関するテスト:20問を制限時間10分で解く、辞書不可。6割以上正答で合格
  • 読解テスト:10問の短文を制限時間15分で読んで問いに答える。辞書可。6問正答で合格。
  • 筆記テスト:一般的に制限時間15分で与えられた情報をもとに穴埋め。
  • 聴解テスト:10問を制限時間15分で解く。受験者は問題文を読んだ後音声を二回聞き問いに答える。6問正答で合格。
  • 口頭テスト:10問を10分で解く。公式試験官が二人同席する。準備・辞書不可。

ロシア史の知識に関するテスト:ロシア史に関する多肢選択式問題10問を制限時間15分で解く。5問以上正答で合格。

ロシア法に関する一般理解テスト:ロシア法に関する多肢選択式問題10問を制限時間15分で解く。5問正解で合格。

このテストすべての問題を一度に解きます、如何なる理由があっても途中退出はできません。
もっと細かい情報が知りたいという方はCREFのメールアドレスまでお問い合わせください (russian@cref.ru)。 サンプル問題、CREFでの授業、スケジュールなどに関してメールをお送りします。

就労許可や永住許可のテストにどう準備すればいいの?

このテストに合格するためには最低でもA1 レベルのロシア語能力が必要です。今の自分のレベルを知るためにはCREFのオンライン・テストを受けてみてください。

もし初学者で、ロシア語の講座が必要であればCREFは個人向けもしくはグループでの特訓コースもしくは自分のニーズに合った語学講座を用意しています。
もし学習者のロシア語レベルが十分であれば自分で、もしくはグループ講座もしくは個人講座のロシア語教師と共に試験の準備ができます。
それぞれの試験の前にCREFは試験直前講習を行います。

この講習では英語が話せるロシア語教師と共に:

  • ロシア史の要点を学び、試験の予想問題集で復習する事ができます。
  • 現行のロシア法の要点を学び、試験の予想問題集で復習する事ができます。
  • ロシア語知識に関する試験の様々なタイプを理解し、落とし穴を回避するテクニックを身に着けられます。
  • ロシア語教師と共に練習問題を解くことができます。

それぞれの試験講習は2週間、月曜日から土曜日の夕方に合わせて24時間の講習時間を用意しています。1グループあたり最大人数は10人です。

試験直前準備講習は消費税を入れて8,000 ルーブルです。

CREFはモスクワ市教育局より公式ライセンスを取得しました。したがって、これらのコースはお勤めの会社の経費で受講することが可能です。また、法人様のモスクワ支所にて個別に特別トレーニング講習を行う事も可能です。お見積書をお送りいたしますのでお問い合わせください。

ロシア語能力試験にどうやって登録すればいいの?

登録は簡単です。メールをこちらのアドレスrussian@cref.ru宛にパスポートの顔写真のある部分・ビザをスキャンした上でお送りください。

受領から処理を行い、連絡先を送り署名を行いますので、ロシア語能力試験を受ける日時より7日営業日以上の時間に余裕をもってお申し込みください。

ロシア語能力試験っていくら位かかるの?

  • 就労許可取得のためのロシア語試験全科目受験には5,780 ルーブル (TTC).
  • 追試は2,240 ルーブル (TTC).
  • 永住許可取得のためのロシア語試験全科目受験には6,260 ルーブル (TTC).
  • 追試は 2,240 ルーブル (TTC).

試験直前講習の予定表

  • 26/06/2017
  • 18/09/2017
  • 20/11/2017

試験直前講習は試験実施の一週間前に行います。